転職

【転職の時期】最も求人が多い時期と転職活動の始め方を解説

転職迷い中
転職したいけど良い時期ってあるのかなー?

自分に合う条件で転職したいです。

 

転職活動をするために重要なのが、自分がやりたい仕事の求人があるかどうかです。

 

自分が転職したいと思っても求人がなければ転職できません

 

私は新卒入社した直後から転職サイトに登録し、ずっとどんな求人があるか見てきました

 

転職して新事業企画の仕事がやりたいと思っても、理想の求人は毎年9月くらいにしか出てきませんでした。

 

仕事内容以外の条件を捨てれば年中求人はあるんですが、転職するなら条件も良い企業に行きたいですよね

 

この記事では転職の求人が最も多い時期と、転職をするための準備としてまず何をすれば良いかを解説します。

 

この記事でわかること

転職の求人が多い時期

企業が求人を出す背景

転職活動でまずやるべきこと

 

企業が転職者を採用する理由

握手

そもそも企業が中途採用をする理由を確認します。

大きく3つあります。

 

新しい事業に取り組むため

企業がこれまで取り組んでこなかった事業領域に進出するときに中途採用をします。

 

新事業なので自社内に人材がいないからです。

 

トヨタ自動車もEV電池の開発や自動運転のためにAIのIT人材を積極的に採用しています。

 

中途採用以外にも会社ごと買ったり共同出資する理由も自社にない人材とノウハウを獲得する狙いです。

 

世の中の変化が早くスピードが求められるため、自社で1から教育する時間がないんですよね

 

新事業を立ち上げるときには転職で専門性を持った人材を採用します。

 

事業拡大のため

成長分野で事業をしている会社は売り上げが急速に伸びているため、中途採用します

 

売り上げが伸びれば顧客も増えるため、これまでの社員数では人手不足になってしまうためです。

 

IT人材は象徴的ですね。

 

特に人工知能分野はIT業界、製造業、食品業界、医療業界とどこでも不足している人材になります。

 

最近は健康志向の高まりでフィットネス系も伸びていますよね。新店舗を出すとき必ず社員は増えますから。

 

伸びている業界に自分がいれば、競合や違う業界への転職も可能になります

 

事業拡大のために自社と似た専門性を持った転職者を採用します。

 

欠員補充のため

企業で退職者が出たとき人員補充のために転職者を採用します。

 

欠員が出たら今の仕事が回らなくなってしまうからです。

 

不動産業界の営業などが当てはまり、欠員が出るとすぐに募集が出ます。

 

不動産業界は転職が非常に多いですが、売るものが家やマンションなので数打てみたいな風潮があり業界未経験でもOK求人が多く出ます。

 

他部署からすぐに異動できず、急募の場合が多いですね

 

欠員が出たら自社と同じ専門性を持った人材を採用します。

 

転職者の採用が増える時期

カレンダー

求人数が最も増える時期は2月と9月です。それぞれ理由を解説します。

 

2月の求人が増える理由

最も求人が増える時期が2月です。

 

なぜ年度末で忙しい2月に企業は求人を出すのでしょうか?

 

企業の求人が増える理由

冬のボーナスが出てから退職される

年末年始の休暇は避けて採用活動したい

年度が変わる4月入社を目指して採用したい

4月からは新卒採用に重点を置きたい

予算の関係

 

上記の要因が重なるため求人が多くなります。

 

2月に求人を出し、4月入社を目指すので短期決戦になりやすい時期でもあります。

 

応募者も年末年始に自分のキャリアを考え転職活動を開始することも影響しています。

 

9月の求人が増える理由

2月と同じくらい求人が多いのが9月です。

 

理由は以下のとおりです。

 

企業の求人が増える理由

夏のボーナスが出てから退職される

8月の長期休暇にかぶせたくない

来年度に向けて人員確保

 

2月と9月に転職活動するメリット・デメリット

求人が多い時期に転職活動をするのにはメリットもありますが、デメリットもあります。

 

ここでメリット・デメリットをまとめてみます。

 

転職活動のメリット

応募条件に合う企業が増える

比較検討できて視野が広がる

予期せぬ条件が良い会社を紹介してもらえる

もし選考に落ちても次がある

 

転職活動のデメリット

応募者=競合も増えるため倍率が上がる

短期スケジュールになるため、日程調整が難しい

落ちたら辛い

転職活動が今の会社になんとなくバレる

 

2月や9月に転職活動をすると仮定したら、いつから準備すればいいのか気になりますよね。

 

転職活動の始め方を解説します。

 

転職活動を始める時期は今すぐがベスト

表彰台に冠

転職活動を始める時期は今すぐがベストです。

 

準備をすればするほど内定が取れる確率が高くなるからです。

 

知ってるよ!と思われるかもしれません。準備と言っても内定をとるための準備をしないといけません。

 

実は転職活動で内定をもらうのに最も大切なのは、求人を見つけるでも面接対策をすることでもありません。

 

内定をもらうために最も大切なのは自己分析です。断言します

 

自己分析をどれくらい深くできるかが内定取れるかどうかの分かれ道なんです

 

自分のキャリアを変えたいと思っているなら転職活動の準備をすぐ始めるべきです。

 

ではどうすれば自己分析が深くできるようになるか?

 

転職エージェントに相談を

自己分析を徹底するために自分で考えるのに加え、転職エージェントに相談に乗ってもらうことです。

 

何度も言いますが自己分析をどれだけできるかが内定がとれるかどうかの分かれ道です。

 

転職エージェントを使用するメリットはたくさんあります。

 

転職エージェントを使うメリット

無料で専門家が相談にのってくれる

自己分析を支援してくれる

職務経歴書などの書類の添削をしてもらえる

模擬面接をしてもらえる

面接などの日程調整をしてもらえる

選考通過の後押しをしてくれる

年収交渉をしてくれる

 

初めての転職活動ってなにやっていいかわからないと思います。

 

大切なのが自己分析です。なぜ自分は転職したいのか?どんな仕事をしたいのかなど考えるんですが言語化って難しいんですよね

 

自分のことなのに自分をわかっていないことってありますから。

 

転職エージェントは第三者目線からアドバイスをもらえます。

 

無料なので使い倒しましょう

 

次の転職エージェントは転職実績も多く、非公開求人も多いのでオススメです。

 

自分の条件に合う求人を見つけてください。

 

【業界最大級の非公開求人】リクルートエージェント

【日本唯一の20代専門エージェント】マイナビジョブ20's

【戦略コンサルへのキャリアアップ】STRATEGY :BOOTCAMP

【IT転職決定数部門5年連続1位】ワークポート

 

【転職エージェント以外の求人サイト】リクナビNEXT

応募企業の情報収集は必ずする

求人に良いことばかり書いてあってり、エージェントが良いことばかり言うこともあるので注意が必要です。

 

多くの人材に応募してもらいたいからです。

 

選べる人材が多いほど優秀な人材が採用できる確率が高くなりますよね。

 

良い情報だけに惑わされないために、応募企業の口コミを見ることで生の情報を仕入れることが大切です

 

正直会社って部署や上司によって働き方は全然違うというのは社会人の方なら想像できるはずです。

 

なので事業部ごとのリアルな声を聞くために以下のサイトで口コミをみましょう

 

オススメはキャリコネとOpenWorkです。

 

【会員限定の社員の口コミサイト】キャリコネ

openwork

【転職活動の時期】まとめ

・転職の求人が多い時期は2月と9月。

・求人募集の背景は、①新事業への進出②既存事業の拡大③欠員補充。

・転職活動を成功させる第一歩は転職エージェントの活用。

【業界最大級の非公開求人】リクルートエージェント

【日本唯一の20代専門エージェント】マイナビジョブ20's

【IT転職決定数部門5年連続1位】ワークポート

【戦略コンサルへのキャリアアップ】STRATEGY :BOOTCAMP

・応募先企業の口コミで年収や残業などの情報収集。

 

-転職

Copyright© Kazu Career Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.