転職

【転職のデメリットを4つ紹介】知らないと損することを解説

転職迷い中

転職って失敗したら嫌だなー

転職のデメリットを知りたいです

私は第二新卒と30代で2回転職活動しました。

転職活動で得た知見をデメリットに絞ってお伝えします。

カズ

 

転職は人生の一大イベントなので失敗したくないですよね。

 

むしろ転職するなら誰でも年収を上げたいと思いますし、キャリアアップを目指します。

 

しかし現実問題どれだけの人が年収アップしているかというと50%以下です。

 

転職した人の半分以上は年収が下がっているんですね

 

こんなデータがあるから転職を余計に慎重に考えてしまう原因になってます。

 

転職活動をして転職をするのはリスクが伴います。

 

周りの人から心配されたり反対されることもリスクの一つですね。

 

嫁ブロックという言葉があるくらいですから。

 

デメリットは挙げればきりがありません

 

しかし主要なデメリットを知った上で転職活動をすれば、避けられるリスクが必ずあります。

 

それでは転職のデメリットを4つ解説していきます。

 

転職のデメリット①生涯年収が下がる

お金

転職で年収が上がっても生涯年収が下がるケースは非常に多いです。

 

退職金や企業年金は勤続年数が長ければ長いほど多くもらえる仕組みになっているからです。

 

企業によりますが勤続20年と勤続35年の人では1000万くらい退職金に差が出ることもあります

 

サラリーマン生涯年収≒年収+退職金+年金です。

 

退職金が1000万円下がるなら、年収を50〜100万あげないと生涯年収は下がってしまうでしょう。

 

転職で年収が上がっても生涯年収が下がってしまわないように気をつけましょう。

 

転職のデメリット②キャリアダウン

男の後ろ姿

転職組の出世は厳しいです。30歳前後で転職して課長や部長になるのは新卒でなるよりはるかに難しいです。

 

会社は新卒から働いてくれている社員の方が大切で優先して出世させるからです。

 

一応、転職では入社の条件として転職先の同年代と同じ職位で採用してくれます。新卒社員が30歳で主任なら転職組も30歳で主任といった感じです。

 

しかしマネージャー昇格試験を同じくらいの能力の新卒組と転職組が受けたら、間違いなく新卒組が昇進します

 

新卒から働いてくれていることに価値があるからです。日本企業なら仕方がないことです。

 

昇進できないということはキャリアダウンにつながります

 

転職前の会社で昇進した時より転職後に昇進しないほうが年収ダウンしてしまったという結果にも繋がります。

 

転職組は新卒組より出世が難しいのでキャリアダウンになります。最悪、転職前で出世した方が年収が高くなることもあり得ます。

 

転職のデメリット③人間関係で失敗する

手が二つ離れてる

転職先の企業や業務内容は選べても、一緒に働く人は選べないので人間関係がうまくいかない可能性があります

 

当然ですが転職先の部署の上司や同僚は先に働いているからです。

 

転職先に出社して初めて上司や同僚と会います。性格が合うか合わないかは行ってみないとわかりません。新卒でも転職でも同じです。

 

一緒に働き始めて仕事内容もやりたいことで楽しいけど、上司が生理的に受け付けなかったり同僚が転職組に偏見を持って接してくることもあります。

 

友人の転職エージェントに聞いた話です。

参考

希望の年収・勤務地・仕事内容などは叶えられるけど、転職先の上司や同僚と性格が合うかどうかまでは行ってみないとわからない。

大企業であればどうしようもない。人間関係も知った上で転職したいなら駆け出しのベンチャーしかないと思う。

 

転職したい理由の上位は人間関係です。人間関係は事前に防げないから起きてしまっているのです

 

しかし転職活動では面接官が上司になる人である場合もあります。

 

そのときは面接中に面接官と一緒に働きたいか見て判断できるので安心してください。

 

転職先の企業や業務内容は選べても、一緒に働く人は選べないので人間関係が悪化する可能性があります。

 

転職のデメリット④今の会社の評価が下がる

暗い部屋に一人ぽつん

転職活動をしたけど、うまくいかず転職できなかったときは会社での評価が下がります。

 

転職活動しているのってバレやすいので、バレてたらいつ辞めるかわからない人に大きな仕事を任せられないからです。

 

会社にバレる原因は以下のことが考えられます。

注意ポイント

会社の仕事の手を抜く。

火曜日に半休のような変な有休の使い方をする。

髪を黒く染める。短く切る。

会社の愚痴がやたら増える。

転職にやたら詳しくなってる。

休憩時間に私用の電話が多くなる。

 

転職活動していることがバレると大きな仕事が回ってきづらくなります。

 

良い仕事が回ってこないと評価は上がりません。むしろ下がっていきます。

 

転職活動がバレると今の会社の評価が下がります。

 

転職で失敗しないためにすべきこと

外で月に手を伸ばす

これまで会社のデメリットに絞ってお伝えしました。

 

転職についてネットで調べるとたくさんの情報が得られます。

 

dodaのような転職サイトにもメリットデメリットが書いてあります。

 

しかし公式サイトは一般論なので平均的なことしか書いておらず、本当に自分に当てはまるのか疑問に感じてしまいます。

 

もっと言うと自分の転職の目的と一致するネット情報なんてありません

 

転職活動で情報を集めるには以下の3つがおすすめです。

ポイント

転職した人に話を聞く

転職したい企業で働く人に話を聞く

転職エージェントへ質問攻め

 

人に会って話を聞くことが大切です。友人知人の伝手をたどって聞きに行ってください。

 

周りに転職した人がいないときはSNSで探します。

 

今はSNSで情報発信している人がたくさんいるのでメッセージを送れば時間をとってもらえる時代です。

 

ぜひ積極的に活用しましょう。

 

周りに転職者がおらず、SNSで聞くのもなんか怖いと感じる人も多いと思います。

 

そんな人は転職エージェントを利用しましょう

転職でわからないことをひたすら質問攻めにします。

 

エージェントが答えづらいかなと思うことも気にせず質問してみるべきです。

 

人生は一度きりなので、話を聞かずに後で後悔したくないですよね

 

是非リクルートエージェントに登録して試してください。

-転職

Copyright© Kazu Career Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.